このページの先頭です

クリニックの脱毛とは?医療脱毛特有の特徴と脱毛方法

234views

投稿日:

医療脱毛とは

医療における脱毛

脱毛はエステや脱毛サロンでも行われていますが、医療における脱毛はそれとは少し毛色が違っています。エステでは何より美しくなることに重点を置いているため、様々なサロン独自のアフターサービスを展開していることも多く、エステ独自のスキンケアジェルなどがそれに該当します。一方、医療脱毛はあくまで医療による脱毛を重点においているため、より効果が高く安全面も優れていることが多いのです。

医療視点によるカウンセリング

脱毛サロンでも、施術前にカウンセリングは行われます。その人の希望を聞いて、どんな脱毛をしたいのか、どんな施術がピッタリなのかをカウンセリングするのです。しかし、医療脱毛におけるカウンセリングは、やはり医学的な視点が強くなるでしょう。聞かれる質問はそれほど変わらないかもしれませんが、脱毛サロンよりも脱毛方法に選択肢が生まれているため、どの選択肢で脱毛を行うのかをカウンセリングで決定するのです。

レーザー脱毛

エステによる脱毛とクリニックによる脱毛、この2つの中で最も異なるのは、レーザー脱毛の有無でしょう。エステでは、主に光脱毛で脱毛を行います。光脱毛は照射範囲が広く、かつ痛みが少ないので万人受けのしやすい脱毛方法です。それに対してレーザー脱毛は、一点集中でレーザーを当て、脱毛を行う方法です。

光脱毛より照射範囲が狭い分、より高い効果が脱毛において期待できるやり方です。しかし、その専門性の高さから、現在クリニック以外でのレーザー脱毛は禁じられています。そのため、エステでレーザー脱毛を見かけることはありません。

医療脱毛とレーザー脱毛

主流の脱毛方法

医療脱毛には主に二種類があり、その一つがレーザー脱毛です。ニードル脱毛と呼ばれる方法もありますが、今はあまり一般的ではありません。時間がかかる上に強い痛みが伴うため、わざわざレーザー脱毛を差し置いてニードル脱毛を選ぶ人が減少しているのです。一方レーザー脱毛は、熱反応を利用して毛根を破壊してしまう方法です。ピンポイントで脱毛するため光脱毛よりも時間はかかりますが、狭い範囲を集中して脱毛していくため自然と効果は高くなります。

レーザー脱毛のメリット

クリニックで脱毛したいならレーザー脱毛、と言われているくらいに人気の高い脱毛方法です。レーザーということで痛みを連想されるかもしれませんが、耐えられないほどの痛みではありません。光脱毛ほど痛みは弱くありませんが、効果に対する痛みとしては十分小さいでしょう。

医療機関でもおすすめされている脱毛方法なので、多くのクリニックで受けられるメリットもあります。今脱毛したいと思っても、信頼のおけるクリニックでないと不安も増大します。クリニックの数が増えれば信頼のおけるクリニックも増加するため、脱毛しやすいクリニックが見つかりやすいのです。

医療脱毛の施術箇所

脱毛といえば全身脱毛を連想されるかもしれませんが、部位脱毛も立派な脱毛方法です。足と腕だけ脱毛したい、背中部分だけ脱毛したい、といった局地的な脱毛方法は全身脱毛に比べてリスクが少なく、何より料金が良心的です。また、一つ注意したいのが日焼けしている方です。医療脱毛はメラニン色素のように、黒い部分を利用して照射し脱毛します。

そのため、日焼けして全身浅黒くなっている方は、安全面の観点から脱毛を拒否される可能性があるのです。つまりは、レーザー脱毛の効果が強すぎるのです。もちろん、日焼けにも程度の差はあるため、そこまで日焼けしている自覚のない方はクリニックでカウンセリングを受けてみるのも一つの手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です