このページの先頭です

知っておこう!医療脱毛のレーザーのメカニズムと種類について

409views

投稿日:

医療レーザー脱毛のメカニズム

医療脱毛では、主に脱毛効果の高いレーザー脱毛器を使って施術を行います。その脱毛器は強力なため、脱毛サロンの光脱毛よりも効率良く脱毛をすることが可能となっています。では、医療レーザー脱毛器による脱毛の仕組みはどうなっているのでしょうか。

医療レーザー脱毛器は基本メラニン色素に反応する

医療脱毛で使用するレーザーは、メラニン色素という黒色に反応してレーザーを照射し、ムダ毛が生えてきている根本的な部分の細胞を破壊します。そのメラニン色素というのを分かりやすく説明すると、紫外線や摩擦などの刺激によって生成される色素になり、それが肌に沈着するとシミや黒ずみの原因になる物質になります。そのメラニン色素は髪の毛やムダ毛にも存在します。

基本、毛が黒いのはメラニン色素の働きによるものです。つまり、その黒い毛に医療レーザーは反応し、脱毛を行うのです。これらのことから理解できると思いますが、脱毛したいと思っても全身真っ黒に日焼けをしていると医療レーザーによる脱毛を行うことはできません。

それは、焼けた黒い皮膚に医療レーザーが反応してしまうため、ヤケドや水ぶくれなどが起こりやすくなるためです。ムダ毛を処理して肌を綺麗にしようとしているのに、そのような肌トラブルを起こしたら本末転倒になります。

医療レーザー脱毛器が使えない場所

先程話したように、日焼けのし過ぎは医療レーザー脱毛器を使用することができませんが、その他にもできないケース(部分)があります。それは、ホクロ・傷・あざ・乳輪・入れ墨のある部分・毛髪・粘膜面部分・眼球・鼻などになります。このように、基本ムダ毛以外の黒い部分には使用できないことが分かります。それは、ヤケドなどの肌トラブルを起こす可能性があるためです。

毛髪はレーザーを照射することはできますが、レーザーの反応が強くなり過ぎてしまい、施術後に強い炎症が起こったり、色素沈着してしまう可能性があるので、ほとんどのクリニックでは毛髪に照射することはできません。ですが、額やうなじの形を変えるための照射は可能となっており、その際は医師に相談すると良いでしょう。

そして、鼻は緩やかな曲線を描いているため、レーザー脱毛器のヘッドが浮いてしまい、密着しないとヤケドを起こしてしまうので使用できなくなっています。以上のように、脱毛したいと思う部位があっても、脱毛ができない場合があるので、そのことは理解しておきましょう。

医療レーザー脱毛器の種類

ダイオードレーザーについて

ダイオードレーザーは、医療脱毛レーザーの中でも高い脱毛効果を誇ります。そして、毛の質や色、肌の色に関係なく脱毛を行うことが可能となっています。また、他のレーザーでは苦手としている産毛の脱毛も行うことができます。そして、最新のダイオードレーザーは冷却ガスを吹き付けて脱毛を行うので、痛みが軽減されます。

そのことにより、冷却ジェルを使う必要はありません。レーザー脱毛器の中には、日焼けをし過ぎていると施術ができない場合がありますが、ダイオードレーザーは他のレーザー脱毛器よりも波長を細かく調節できるので、日焼けをした方にも対応することができるというメリットがあります。

アレキサンドライトレーザーについて

アレキサンドライトレーザーの特徴は、痛みが少ない・比較的短い時間で終わる・肌を引き締めることができることになります。アレキサンドライトレーザーはダイオードレーザーと同じく冷却ガスを使用するため、痛みが少なくなっています。また、照射範囲が広く照射時間が短いため、比較的短い時間で脱毛を行うことが可能となっています。そして、コラーゲンの生成を促進させる効果があるので、肌にハリを出したり引き締めたりする効果を期待することができます。

YAGレーザーについて

YAGレーザーの特徴は、波長が長いことです。そのため、日焼けなどの黒い色素に反応しないで根本にだけ脱毛効果を発揮することができます。つまり、色素沈着している部分に使用しても、皮膚を傷つけることなく脱毛を行うことが可能となります。このようなことからYAGレーザーは、色黒の方や日焼けをしている方にはおすすめになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です