このページの先頭です

何回通えば良い?医療脱毛で効果を感じる回数について

349views

投稿日:

医療脱毛の回数と効果について

医療脱毛は何回施術すれば効果を感じられるの?

医療脱毛をしたいと思っている方の中には、「医療脱毛は何回施術をすれば効果を感じられるの?」と思う方もいるかと思います。では、何回施術を受けると脱毛の効果を感じられるのでしょうか?それは、「脱毛する部位によって違ってくる」ということになります。顔や脇、腕やVラインなど部位によって毛の強さや濃さが違ってくるため、脱毛する回数も違ってきます。

一般的には、顔が6~9回、脇やVラインは5~7回、腕や膝下は4~6回、IラインとOラインは6~10回といわれています。この回数は完全にツルツルになる回数ではなく、自分でムダ毛処理をしなくても目立たなくなる回数になります。部位によって回数は少し変わってきますが、だいたい5、6回くらいになります。そのため、5回コースに設定しているクリニックは多く存在します。

ですが、自己処理をする必要がなくなるツルツルの状態に脱毛したい場合は、IラインとOラインと顔は10~14回、その他の部位は10~12回脱毛をする必要があります。このように、完全にツルツルにしたい場合は、どの部分でも10回以上施術を受ける必要があります。しかし、個人差がありますので、回数は人によって変わってきます。ちなみに、部分的にする脱毛でも全身脱毛でも回数は変わりません。

毛の濃さで回数や効果は違ってくるのか?

医療脱毛したいと思っている人の中には、「毛が濃いけど、普通の毛の濃さの人と同じ効果を得ることができるの?」や「毛が濃いと脱毛する回数は多くなるの?」と不安に感じる方もいるかと思います。しかし、そのような余計な不安を感じる必要はありません。それは、毛が濃い人ほどレーザー脱毛器は反応するためです。医療機関は脱毛サロンと違い、強力なレーザーを使って脱毛をすることが許されています。

そのレーザー脱毛器はメラニン色素に反応し、毛が生えてきている細胞を壊します。そのことによって、再びムダ毛を生えてこないようにしますが、メラニン色素に反応するということは黒色に反応するということになり、毛が太くて濃い方がレーザー脱毛器は反応しやすいのです。

そのため、毛が濃くてもしっかりと脱毛することができます。毛が濃い場合は、ムダ毛が少なくなっていくのが分かりやすいため、楽しく感じるかもしれません。ですが、普通の人よりも施術を受ける回数は多くなる可能性もあります。しかし、効果に関しては心配する必要はなく、毛が濃くても十分効果を感じることができます。

医療機関と脱毛サロンの回数の違いと注意点

医療機関と脱毛サロンの施術を受ける回数の違い

医療機関で脱毛するのか、脱毛サロンで脱毛するのか悩んでいる方もいるかと思います。その悩みを少しでも解消するために、医療機関と脱毛サロンの施術を受ける回数の違いを説明していきます。医療脱毛の5回、もしくは6回のコースでは、1年半から2年くらいで終了する場合が多くあります。その効果は完全にツルツルとまではいきませんが、ムダ毛が気にならなくなるくらいになるため満足する人は多くいます。

それに対して脱毛サロンは、医療機関のレーザー脱毛よりも効果が低い光脱毛をするので、ムダ毛が気にならなくなる状態になるには10回以上行う必要があります。そして、10回以上行うには3年から5年くらいかかります。このように、医療脱毛は脱毛サロンの施術よりも回数が少ないことがメリットとなり、できるだけ早く脱毛効果を得たいのなら医療機関での脱毛の方がおすすめになります。

医療脱毛を受ける回数を決める時の注意点

施術は、毛が生え変わるサイクルである「毛周期」に合わせて行います。そのため、施術と施術の間は2、3ヶ月ほど空けます。そうすることによって、効率良く脱毛を行います。これらのことから医療脱毛の契約では、回数だけ気にするのではなく、契約期間も気にする必要があります。

1年で5回のコースだと、毛周期よりも脱毛するペースの方が早くなることがあります。そのため、契約期間には注意する必要がありますが、毛周期は個人差があるので、カウンセリングで自分に合った回数を理解することが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です