このページの先頭です

脱毛効果が出やすい部位とは?医療脱毛での回数と期間について!

413views

投稿日:

医療脱毛を行う際の部位による脱毛効果について!

クリニックでのレーザー脱毛は、脱毛サロンでの光脱毛よりも高い脱毛効果が得られるのがメリットであるため、レーザー脱毛をしたいと思っている女性が増えているようです。また、脱毛に通う場合には、なるべく少ない回数でツルツルのお肌になりたいと思うかもしれませんが、実は、身体の部位には、脱毛効果が出やすい部位と出にくい部位があるのです。そこで、今回は医療脱毛を行う際、部位による脱毛効果について見ていくことにしましょう。

脱毛施術で効果が出やすい部位と出にくい部位ってどこになるの?

ワキ・腕・脚・背中・顔・Vラインなど脱毛したい部位がたくさんある場合には、これらの部位の脱毛を同時に始めたとしても、すべて同時に脱毛が完了するとは限りません。なぜなら、脱毛の部位により、毛の多さや太さなどが異なるため、脱毛完了までの回数や期間にも違いが出てくるのです。そのため、医療脱毛を行う際には、まず、どの部位を脱毛するかということが重要なポイントとなります。

医療脱毛は施術箇所にレーザーを照射することで、毛根の黒いメラニン色素に対してダメージを与えてムダ毛の再生の能力を奪っていくという脱毛方法です。そのため、太くて濃い毛やお肌と毛のコントラストが強いほうが、脱毛効果が出やすいとされています。例えば、身体の部位であれば、ワキやVラインなどの太くて濃い毛が生えているところには、効果が出やすのです。

また、それとは反対に、顔や背中などの細くて薄い産毛のような毛が生えている部位については、色素が薄いため、効果が出にくいとされています。一見、細くて薄い毛の方が脱毛しやすいと思われがちですが、レーザー脱毛では、産毛などには効果が出にくいとされています。身体の各部位によって生えている毛の太さや濃さが異なっているため、脱毛効果が実感できるまでの施術回数や期間が異なるのは当然のことかもしれません。

そして、脱毛したい部位については、自己処理が楽になる程度にムダ毛を減らしたいのか、あるいはムダ毛の全くないツルツルのお肌になるまで脱毛したいのかを明確にし、自分に適したコースを選択することが重要です。

脱毛完了までに必要な回数と期間について!

クリニックでの医療脱毛では、脱毛完了までに何回くらい通えばいいのか、また、どれくらいの期間が必要なのかという誰もが気になっていることについて、詳しく見ていくことにしましょう。

脱毛完了までに必要な回数はどれくらいなの?

医療脱毛であれば、3回程度施術した頃から脱毛効果が期待できると言われていますが、脱毛する部位や毛質、毛量などによっても施術回数が異なってくるため、一概に言うことはできません。しかし、一般的な例として、脱毛完了までに必要な回数については、ワキのように脱毛効果が出やすい部位については5~6回程度、また、顔については毛が弱くて薄いため、約8~10回程度の照射が必要であると言われています。

脱毛完了までに必要な期間はどのくらいなの?

脱毛の部位や毛質、毛量などよっても違いはありますが、医療脱毛の場合には、一般的に1~3ヶ月に1度のペースで脱毛に通うのがおすすめです。このように一定期間を空けて脱毛施術を行うのは、毛周期が関係しています。身体の部位ごとに毛周期が異なるため、毛の生える速度にもそれぞれ違いが出てくるのです。

また、脱毛の際に脱毛効果を得られるのは成長期の毛に限られているため、毛周期にあわせて1~3ヶ月に1度のペースで施術を行っていきます。そして、全身脱毛を完了するためには、1~2年程度は掛かると考えておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です