このページの先頭です

医療脱毛は安全?!医療レーザー脱毛の副作用について

433views

投稿日:

医療レーザ脱毛の副作用の有無について

医療レーザー脱毛器による施術は医療行為になり、その脱毛器は医師が常駐しているクリニックでしか使うことができません。そのため、脱毛サロンでは医療レーザーによる脱毛を行うことができません。その理由はもちろん、脱毛サロンには医師が常駐していないからです。クリニックで使用されている医療レーザーのメリットは、出力が高いことによる優れた脱毛効果になります。

したがって、効率的に脱毛を行うことが可能となっています。しかし、出力が高いので肌に与える負担は大きくなります。つまり、効果が大きい分、適切な使い方をしないと肌トラブルを起こす確率は高くなります。そのようなことから、医療脱毛によるレーザーの使用は医師にしか許されていません。医療レーザーで体に悪影響を与え、もしその症状が現れたら、それは医療レーザーによる副作用になります。

医療レーザー脱毛は医師が行うので危険な施術ではありませんが、副作用が起こってしまう場合もあります。では、医療レーザーによる副作用とはどのようなことなのでしょうか?副作用が起こる可能性はゼロではないので、医療レーザーで全身または部分的に脱毛したいと思っている方は、ぜひ知っておきましょう。

医療レーザー脱毛器による施術の副作用について

脱毛施術後に赤みが出ることもある

医療脱毛で使用するレーザーは、メラニン色素(黒い色)に反応して脱毛を行うので、毛根周りの皮膚にダメージを与えてしまい、肌に赤みが出てしまうことがあります。医療レーザーによる施術は、痛みを減らすために皮膚を冷やしながら行いますが、レーザーのパワーは強いため、どうしても肌にはダメージが加わってしまいます。

そのことにより皮膚は軽いヤケドのような症状を負ってしまい、赤みが出てしまいます。特に肌が弱い方はダメージを受けやすいので、赤みが生じやすくなります。また、色白の方は、赤みが目立ちやすくなります。レーザーにより軽いヤケドのような症状を負っているため、皮膚は炎症を起こし熱を持っています。そのため、冷やすことが赤みや痛みを緩和させる方法になります。

クリニックでもしっかりと冷やしてくれますが、赤みやヒリヒリした痛みがある場合は、自宅でも冷やすことをおすすめします。赤みのほとんどは数日で治るので、心配することはありません。ですが、赤みや痛みが酷く、数日経過しても治らない場合は医師に相談しましょう。

稀にヤケドをすることもある

医療レーザー脱毛は、レーザーのパワーを調節したり、肌を冷却しながら充分に注意して行いますが、稀にヤケドを起こしてしまうことがあります。ヤケドは滅多に起こりませんが、もしヤケドをしてしまっても医師が速やかに適切な処置を行ってくれます。レーザー脱毛器はメラニン色素に反応するので、日焼けをし過ぎているとヤケドを起こすリスクが高くなってしまいます。

そのため、クリニックでは日焼けの程度をしっかりと確認します。ですが、本気で脱毛したいと思っているのなら、なるべく日焼けをしないように対策を行いましょう。「稀にヤケドをすることもある」と聞くと、中には心配する方もいるかと思いますが、医療脱毛でヤケドを起こす可能性は極めて低いので心配することはありません。

毛嚢炎ができることもある

医療レーザーで施術した部位に、毛嚢炎(ニキビのようなもの)ができてしまうことがあります。これは、レーザー脱毛により皮膚にダメージが加わり、傷ついた毛包にブドウ球菌が感染して起こる皮膚の症状になります。予防法としては、ニキビと同じように患部を清潔に保つことが大切になります。しかし、清潔に保っていても、ニキビと同じように毛嚢炎ができやすい方もいます。

そして、ニキビができやすい体質の方は毛嚢炎もできやすいといわれています。毛嚢炎の症状が軽い場合は自然と治るので心配ありません。ですが、症状が酷い場合は速やかに医師に診てもらいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です